金剛筋HMBは本当に効果なし?

金剛筋HMBは良い情報ばかりがネット上にあふれているけれども本当に効果なしの人もいるのでしょうか?その男性は一体どうしたら効果なしと断言したのか?もしくは効果なしと金剛筋HMBについて悪い評価をしたのか知りたいぐらいですが、金剛筋HMBは筋トレ業界ではトップクラスのHMB含有量となっています。

金剛筋HMBのすごいところは何と言っても「HMB」の配合量のなのです。ご存知の通り、プロテインからアミノ酸に分解され、その一部がロイシンとなって、HMBに変換される微量を集めているため、このHMBだけを含有するサプリはあまり存在しません。

プロテインを超える効果と効率を持っていると言われるこの成分を、なんと2,000mgも配合することに成功したのです。この圧倒的な配合量が、サプリメントに凝縮されているからこそ、効果を実感する人が多いのです。

男のカラダ作りといえば、筋力アップをすることですよね。その方法として今までよく知られていたのが、トレーニング後に『プロテイン』を摂取すること。

しかし、このプロテインにはデメリットも多く、そのことによってあなたは挫折しやすかったのです。わざわざ運動の時間を作らなければいけない。まずいプロテインを大量に飲む必要がある。特にこのようなことをしなければ、プロテインの効果を最大限に引き出すことはできなかったし、理想のカラダ作りを実現することはできなかったのです。

一方で、プロテインを飲んでみたはいいけどなかなかカラダが引き締まらないと感じる男性が多いのが現状です。実は、プロテインには分解の行程が多いため栄養を筋肉に届けるのに時間がかかるのです。

まず、プロテインを摂取し、ペプチドに分解、次にアミノ酸になって、ロイシンを抽出、そしてHMBに変換して筋肉がつくというプロセスで、とっても長くて、多くのプロテインの中のわずかしか筋肉にならないのがわかりますよね?

しかも、摂取した栄養素全てがHMBにまで変換されるわけではなく、余分なカロリーだってかなりの量になってくる。そう考えると、お世辞にも効率的にカラダを引き締めていけるとは言えません。

そこで、プロテインからできるアミノ酸の中でビルドアップに力を発揮するのがロイシンなのですね。HMBとは、このロイシンからできる代謝物質でロイシンはHMBに変化しなければ効果を発揮することが出来ないのです。

しかも、1日に必要とされるわずか3gのHMBを摂取するためには、60gのロイシンが必要であることがわかっています。これをプロテインに換算すると、なんと約20杯分にもなってしまうのです。

だから、筋肉に直接作用する金剛筋HMBを直接摂取した方が圧倒的に効率が良いのです。

>> 金剛筋HMBの詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*